ニーズ別に探す

決算対策による法人税の軽減

節税対策1

事業を続けていれば、どのような企業であっても業績の浮き沈みがあります。 社会情勢や環境変化によって、業績が悪化して資金繰りが厳しい局面を迎えることもあるかもしれません。 業績の不振で資金繰りが悪化した場合、何らかの方法で・・・

役員貸付金(仮払)の清算

役員貸付金(仮払)とは 役員貸付金とは、法人が役員に対して貸付けているお金のことです。法人から引出した資金を役員個人の支払い等に充てたときや、領収証を切れない資金使途などは、役員貸付金として計上されます。 時折、あたかも・・・

海外出張保険を一つにまとめたい

法人契約の海外出張保険と海外駐在保険 グローバルな活動をされている企業にとって海外出張や海外駐在は欠かせない業務となっています。 そのような海外出張、海外駐在の際に企業の役員、従業員の方が海外出張中・駐在中に事故やトラブ・・・

福利厚生を充実させたい

福利厚生を充実させたい 福利厚生を充実させる事で、離職率が下がり、優秀な従業員の確保が可能になり企業にとってもメリットが多くなります。 そのように企業にとって重要な福利更生を団体保険制度を活用して充実させる方法があります・・・

保険料の削減をしたい

事業の保険の保険料を削減したい 「事業の保険料を削減したい」と思っている会社は非常に多くあります。 しかしむやみに補償内容を削減してしまったり、特約を削除してしまうのは心配なものです。 保険料を削減するには、適切な補償内・・・

役員報酬の増額

役員報酬を増やすと所得税も増えてしまう

利益を内部留保するか?役員報酬を増額するか? 会社が儲かると利益には法人税が掛かり、かといって役員報酬を増やせば役員個人の所得・住民税、社会保険料が増えてしまいます。利益を内部留保するか、役員報酬を増額するか、どちらにす・・・

キャッシュアウトしない決算対策

キャッシュアウトしない節税対策

利益が出ていても現金があるとは限りません 法人の利益は、決算の期日で数字を〆ることで確定します。しかし現実には売上は計上されていても入金が締め後になるようなケースも多いため、決算時点では利益と現金は一致しません。 また、・・・

生命保険を使った役員退職金の積立て

事業向けの生命保険は、役員退職金の準備にも活用できます。計画的に退職金を積み立てられるうえ、税務面でのメリットもあります。 役員退職金の税務メリット 生命保険を活用した役員退職金準備は、積み立て時(保険料の支払い時)、受・・・

近い将来に控えている雑収入対策

決算対策は出口が重要 決算が近づいてくると、予想される利益が見えてきます。何も対策を講じなければ利益に応じた法人税が掛かるため、法人税を抑えるには予想利益に合わせて生命保険を導入するのが一般的です。その場合、解約まで考慮・・・

事業承継の株式評価額対策

事業承継で対策に最も苦慮するのが、次期後継者への株式の移転ではないでしょうか。自社株の評価は、企業の成長とともに価値が上がっていきます。 創業時は資本金=株式評価額となりますが、純資産が年々増加するに従って、株式の評価額・・・

保険料が支払えなくなった場合の対応策

経営者の方が決算対策として生命保険を活用されるのは、事業が好調で利益が出ている時期になります。しかし、社会情勢の変化が激しい昨今では、経営状況が短期間で変化することも珍しくありません。数年先ですら予想するのが難しいのもま・・・

生命保険を活用した資産運用

事業が大きくなってくると、会社の資産を運用して増やす、というのもひとつの課題になってきます。企業が行う資産運用には主に不動産を活用する方法と、生命保険を活用する方法があります。それぞれの特徴をまとめてみましょう。 ■1.・・・

医療保険・がん保険の契約者変更

医療保険・がん保険とは 医療保険やがん保険と言う名称はよく耳にしますが、そもそもどのような保険なのでしょうか。 医療保険とは、病院に入院あるいは手術を受けた場合に給付金が出る保険で、病気とケガのどちらでも保障されます。特・・・

掛金が全額損金の決算対策保険

全額損金とは 決算対策保険の説明で「全額損金」という言葉がよく使われます。この全額損金とは、支払保険料の全額が経費となることを表しています。略して全損、長くは全額損金算入ともいわれます。支払保険料が全額経費になるというこ・・・

経営者の死亡リスク

中小企業では「経営者がトップセールスマン」というケースが多いのが事実です。そのため、万が一経営者が亡くなってしまうと、顧客離れにより経営が急激に悪化する危険があります。また、金融機関も「経営者の死亡=売上の低下」として敏・・・

このページの先頭へ