医療保険【公的】 -いりょうほけん(こうてき)

国民が加入し、医療サービスを受けられる公的な保険制度のことです。日本は国民皆保険制度であり、国民全員が職業などに応じた公的医療保険制度に加入します。勤め人は職域を通して加入し、大企業の従業員とその被扶養者は「組合管掌健康保険」、中小企業の従業員とその被扶養者は「協会管掌健康保険」、公務員などとその被扶養者は「共済組合」に加入します。これらを合わせて「被用者保険」とよびます。75歳未満で職域保険に属さない人(自営業者など)は地域(居住地の市町村)を通して「国民健康保険」に加入します。75歳以上の人は後期高齢者医療制度に加入します。
被保険者は、所得に応じた保険料を保険者(医療保険の運営をする組織のこと)に支払います。
傷病の際には医療機関を受診し、医療サービスを現物で受け取ります。
公的医療保険に加入している人は、診療を受けた際の費用の負担は一部に限られます。自己負担金額は、70歳未満は3割、後期高齢者医療制度に加入の方は1割(ただし、現役並み所得者は3割)です。

お電話でのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ・御見積りはこちらから

このページの先頭へ