保険用語集-か行

海外旅行生命保険-かいがいりょこうせいめいほけん

海外旅行中の不慮の事故による死亡・障害と疾病を保障する保険です。不慮の事故による死亡については災害死亡保険金が、病気死亡の場合は普通死亡保険金が支払われます。障害についてはその程度により給付金が支払われます。また、入院の・・・

外貨建て保険-がいかだてほけん

保険料や保険金などが外貨建てとなっている保険です。保険種類は、終身保険や養老保険、年金保険があります。米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルなど様々な外貨建ての商品があります。払い込む保険料や受け取る保険金などの円換算額は為替・・・

外航貨物海上保険-がいこうかもつかいじょうほけん

国際貿易取引のために日本と外国間または外国相互間を船舶・航空機等で輸送される貨物が、海上・航空輸送中に遭遇する火災、爆発、船舶・はしけの座礁・乗揚・沈没または転覆、盗難、破損等の偶然な事故によって生じた損害を補償する保険・・・

解除-かいじょ

有効に成立している保険契約を、当事者である保険会社または保険契約者の一方の意思によって保険期間の中途で終了させることです。解除には保険約款に定められている解除事由によるものと、法律上当然に生ずるものとがあります。告知義務・・・

解約-かいやく

契約者は、いつでも保険会社に申し出て、有効中の保険契約を保険期間の途中で打ち切ることができる制度です。解約によって契約は消滅し、以降の保障はなくなります。解約すると解約返戻金を受け取れますが、通常の場合、払い込んだ保険料・・・

解約返戻金-かいやくへんれいきん

保険契約者が保険期間の途中で保険契約を解約したときに、生命保険会社から契約者に支払うことを約束している金額のことです。解約返戻金は、解約のほか、減額(一部解約)、失効、告知義務違反などにより解除された場合にも支払われます・・・

解約返戻率-かいやくへんれいりつ

保険料払込累計額に対する解約返戻金額の割合のことです。100%以上になると、払い込んだ保険料に対して解約時に戻ってくる解約金額が上回ります。

格付け-かくづけ

保険会社の財務の健全性や、現在および将来にわたる保険金支払能力の度合いなどを分かりやすくするために、格付け機関がAAA・BB・Cなど簡潔な記号で評価したものです。 格付けは、格付け機関の第三者としての評価で、絶対的なもの・・・

加入年齢-かにゅうねんれい

生命保険契約を締結するときの、被保険者の年齢のことです。加入年齢を求める方法として、誕生日と同時に年齢が上がる「満年齢」を使用する生命保険会社と、被保険者の誕生日の半年前に年齢が上がってしまう「保険年齢」を使用する生命保・・・

株式評価-かぶしきひょうか

株式の価値を評価することです。非上場企業の株式は取引相場がないため、税法上の規定によって評価されます。贈与や相続により、経営支配力を持っている同族株主が非上場株式を取得する場合は、「原則的評価方式」によって株式を評価しま・・・

仮払金(役員貸付金)-かりばらいきん(やくいんかしつけきん)

現金や小切手などで金銭を支払ったが、使途や金額が未確定の場合に、確定するまで一時的に使用する勘定科目のことです。役員や従業員が出張する際の旅費交通費や交際費などを概算払いするときなどに用いられます。仮払金は、金額等が確定・・・

がん保険-がんほけん

「がん」により入院したり、所定の手術を受けたときなどに、給付金が支払われる保険です。『がん保険』では、入院給付金の支払日数が無制限となっています。 そのほか、「がん」と診断されたときには『がん診断給付金』を、「がん」で死・・・

簡易復活-かんいふっかつ

失効日より3ヵ月以内に保険契約を復活することです。告知書による復活が可能です。

キーマンプラン-きーまんぷらん

法人契約で、経営者・役員など、会社で重要なセクションの管理職向けに提案されている法人保険の通称です。保障と同時に福利厚生、退職金準備など、保険の加入目的に併せ、キーマンプランの生命保険には長期平準定期保険、養老保険、逓増・・・

喫煙体料率-きつえんしゃりょうりつ

生命保険(主に死亡保障を目的とした商品)を契約する際に、過去1年以内(2年間とする会社もあります)に喫煙歴がある人に適用される料率のことです。

逆ざや-ぎゃくざや

実際の資産の運用利回りが予定利率を下回り、損失が発生する状態のことです。既契約の予定利率が固定金利である場合は原則として予定利率を引き下げることができないため、高金利時代に販売した予定利率の高い商品の影響で、大きな利差損・・・

キャプティブ保険会社-きゃぷてぃぶほけんがいしゃ

親会社の保険のニーズに応える目的で設立された親会社専属の子会社保険会社のことです。同一グループ企業が海外にキャプティブ保険子会社を設立し、国内の保険会社を経由して海外キャプティブ保険会社に「再保険」を掛ける仕組みとなりま・・・

給付金(保険金)-きゅうふきん

被保険者が死亡・高度障害状態のとき、満期まで生存したとき、入院・手術等により生命保険会社から受取人に支払われる金銭のことです。それぞれ死亡保険金、高度障害保険金、満期保険金、入院・手術給付金といいます。なお、通常、死亡保・・・

給付金(保険金)削減-きゅうふきんさくげん

加入後の一定期間内(5年限度)に被保険者が死亡または高度障害になったときには、経過年数に応じて死亡保険金または高度障害保険金の額が一定割合削減されます。保険金削減期間中であっても不慮の事故や感染症の場合には、保険金は削減・・・

共同募集-きょうどうぼしゅう

1件の保険契約(1保険証券による契約)が、複数の保険代理店によって募集される契約をいいます。複数の保険代理店中の1店が、幹事代理店として契約に係る事務処理をまとめます。代理店分担とも呼ばれます。

クーリング・オフ-くーりんぐおふ

保険契約の申込み後の一定期間に、申込者がその申し込みの撤回を無条件ですることができる制度(cooling off 契約撤回請求権)です。一般的に生命保険においては、第1回保険料充当金領収書の交付日もしくは申込日のいずれか・・・

クレジットカード払-くれじっとかーどばらい

クレジットカード決済で、保険料の支払をすることです。保険料払込方法が月払の契約だけでなく、年払・半年払の契約の保険料も対象になります。「クレジットカード払」にすることによって、カード会社のポイント(マイル)がたまるのが最・・・

経営者保険-けいえいしゃほけん

企業の経営者、役員の死亡などによる企業の損失の補てん、または退職金の準備を主な目的として法人契約に利用される一般の生命保険のことです。主な契約形態は、契約者および保険金受取人が企業で、被保険者が経営者や役員となっています・・・

契貸-けいがし

「契約者貸付」の略称です。

経常利益-けいじょうりえき

生命保険事業本来の営業活動により、毎年継続的に発生する保険料等収入・資産運用収益などの収益(経常収益)から、保険金等支払金・事業費などの費用(経常費用)を差し引いた残額のことです。

契約応当日-けいやくおうとうび

契約後、保険期間中に毎年迎える契約日のことです。月単位や半年単位の契約応答日は、それぞれ各月・半年ごとの契約日と同じ日をいいます。

契約確認-けいやくかくにん

高額契約、第三者受取人契約および逆選択の恐れがないように契約等について、生命保険会社の職員または生命保険会社が委託した者が契約者・被保険者を訪問し、職業・健康状態などを確認することです。契約確認には、契約の成立前に行う「・・・

契約者貸付-けいやくしゃかしつけ

契約している生命保険の解約返戻金の一定範囲内で、契約者が保険会社から貸し付けを受けることができる制度のことです。貸付金には所定の利息(複利)がつきます。 借りたお金は、その全額または一部をいつでも返済できます。 未返済の・・・

契約者変更(名義変更)-けいやくしゃへんこう

契約者が被保険者と保険会社の同意を得て、契約者を変更することです。契約者を変更した場合には、保険契約上の権利・義務(受取人を変更する権利、保険料の支払義務など)が、すべて新しい契約者に引き継がれます。

契約内容照会制度-けいやくないようしょうかいせいど

全国共済農業協同組合連合会、および社団法人生命保険協会(社団法人生命保険協会加盟の各生命保険会社)において、共済契約もしくは保険契約または特約付加の引受けの判断あるいは共済金、給付金の支払の判断の参考とすることを目的とし・・・

契約内容変更-けいやくないようへんこう

契約の効力を継続したまま、保障の内容などを変更することです。契約者と生命保険会社との合意によって、契約途中であっても契約の内容が変更できます。例えば、保険料払込方法・経路の変更、保険金受取人の変更、保険金額の減額、払済保・・・

契約年齢-けいやくねんれい

生命保険契約を締結するときの、被保険者の年齢のことです。契約年齢を求める方法として、誕生日と同時に年齢が上がる「満年齢」を使用する生命保険会社と、被保険者の誕生日の半年前に年齢が上がってしまう「保険年齢」を使用する生命保・・・

契約日-けいやくび

生命保険会社が、契約上の責任を開始する日のことです。保険料、保険期間(保険払込期間や満期日)、契約年齢などの計算は、契約日を基準に計算されます。第1回保険料充当金を受け取った日か、告知日(診査日)のいずれか遅い方の日とな・・・

経理処理-けいりしょり

事業活動における金銭の動きを簿記の原則に従って記帳し、請求書、領収書類等を作成、保管、集計することです。

決算-けっさん

仕訳や取引を整理し、総勘定元帳と各帳簿を締切り、試算表、精算表から財務諸表を作成することです。各事業年度が終了するごとに行い、企業の財政状態と経営成績を確認します。

決算期変更-けっさんきへんこう

企業の決算期を変更することです。株主総会を開催して定款を変更することで変更できます。決算期変更は登記の必要はありません。税務署、都県税事務所、市役所に株主総会の議事録を提出して届出の必要があります。

減額(一部解約、部分解約)-げんがく

予め契約していた保険契約を、保険期間の途中で保険金額を減らすことを「保険金の減額」といいます。それ以降、減額した分の保険料は安くなりますので、支払いが困難な時に有効な手段の一つです。減額した部分は解約したものとして取り扱・・・

減価償却-げんかしょうきゃく

業務のために用いられる建物・建物附属設備・機械装置・器具備品・車両運搬具などの有形固定資産の取得原価を、耐用年数に応じて帳簿上で費用分配することです。一般的に用いられているのは、毎事業年度において一定の償却率により計算し・・・

健康体料率-けんこうたいりょうりつ

身長・体重・血圧・尿検査等について一定の基準を満たしている場合に適用される、通常より安い保険料率のことです。

限定告知型-げんていこくちがた

健康上の告知をする項目を限定した生命保険です。一般の生命保険よりも引受基準が緩和されており、健康に不安のある方や治療中の方でも加入しやすくなっています。保険料は一般の生命保険に比べて割高となりますが、誰でも加入できる「無・・・

口座振替(口振)-こうざふりかえ

保険料払込方法の一つ。保険会社と提携している銀行・郵便局などの金融機関で、契約者が指定した口座から、保険料が自動的に振替えられる方法です。振替日はあらかじめ決まっています。

更改-こうかい

既に保険契約に加入済みの保険の目的(対象)について、保険期間の終了に際して引き続き新しい保険契約を締結し直すことです。

更新-こうしん

定期保険(特約)や医療保険(特約)などの保険期間が満了したときに、健康状態に関係なく原則としてそれまでと同一の保障内容・保険金額での保障を継続できる制度です。更新は保険期間が10年・20年といった年単位の契約期間のものに・・・

高度障害-こうどしょうがい

身体が疾病・傷害などの結果、生命保険会社の約款に定める高度の障害状態(身体障害表の第1級の障害状態)になることです。具体的には、「両目を失明する」、「言語機能を失うか、流動食以外の摂食ができない状態になる」、「中枢神経、・・・

口振(口座振替)-こうふり

保険料払込方法の一つ。保険会社と提携している銀行・郵便局などの金融機関で、契約者が指定した口座から、保険料が自動的に振替えられる方法です。振替日はあらかじめ決まっています。

高額割引-こうがくわりびき

生命保険で高額な死亡保障の場合、保険会社が保険料を一定の率で割り引くことです。保険商品・保険会社によって異なりますが、5千万円、7千万円などが、高額割引が適用される基準になります。

告知-こくち

保険に加入する際に、契約者および被保険者が現在の健康状態、過去の病歴、職業などの重要な項目について、保険会社に事実をありのまま答えることです。保険会社は、告知された内容に従って保険引き受けの可否を判断したり、特別条件を付・・・

告知義務違反-こくちぎむいはん

生命保険等、保険契約に加入する際に、保険契約者や被保険者が、故意または重大な過失によって重要な事実について告知しなかったり、事実と違うことを告げていた場合のことをいいます。 例えば「病気で通院している事実を告げていない」・・・

コチニン検査-こちにんけんさ

唾液による喫煙の有無を調べる検査で、タバコに含有されている「ニコチン」が体内で代謝されて排泄される「コチニン」という代謝産物の量を測定する検査です。 コチニン検査は、生命保険に加入する際、保険料がお得な非喫煙者料率で設計・・・
お電話でのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ・御見積りはこちらから

このページの先頭へ