株式評価-かぶしきひょうか

株式の価値を評価することです。非上場企業の株式は取引相場がないため、税法上の規定によって評価されます。贈与や相続により、経営支配力を持っている同族株主が非上場株式を取得する場合は、「原則的評価方式」によって株式を評価します。原則的評価方式では、従業員数、総資産価額、売上高により会社の規模を大会社・中会社・小会社に区分します。そして、原則として大会社は「類似業種比準方式(類似業種の株価を基に、評価する会社の配当、利益、簿価純資産価額で比準して評価する)」、小会社は「純資産価額方式(資産を相続税評価額で洗い替え、負債や法人税額相当額等を控除した純資産価額により評価する)」、中会社は「類似業種比準方式と純資産価額方式の併用方式」で評価します。

お電話でのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ・御見積りはこちらから

このページの先頭へ