減価償却-げんかしょうきゃく

業務のために用いられる建物・建物附属設備・機械装置・器具備品・車両運搬具などの有形固定資産の取得原価を、耐用年数に応じて帳簿上で費用分配することです。一般的に用いられているのは、毎事業年度において一定の償却率により計算していく「定率法」と、毎事業年度において同額の償却費を計上する「定額法」と、耐用年数にわたってその償却費を級数的に逓減するように計算する「級数法」です。

お電話でのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ・御見積りはこちらから

このページの先頭へ