相続時精算課税-そうぞくじせいさんかぜい

原則として60歳以上の父母又は祖父母が、20歳以上の推定相続人である子又は孫に財産を贈与した場合に選択できる贈与税の制度のことです。この制度を利用すると、特別控除額2,500万円までの贈与について非課税になります。特別控除額は複数年にわたり利用できます。ただし、この制度を選択すると、その選択に係る贈与者から贈与を受ける財産については、その選択をした年分以降全ての贈与についてこの制度が適用されるため、「暦年課税」を利用することはできません。

お電話でのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ・御見積りはこちらから

このページの先頭へ