保険用語集-ま行

満期-まんき

契約によって定められた保険期間の終了日のことです。

満期返戻金-まんきへんれいきん

損害保険の積立保険(貯蓄型保険)または月掛けの保険で、契約が満期まで有効に存続して、保険料の全額払込みが完了している場合、満期時に保険会社から保険契約者に支払われる金銭のことです。その金額は契約時に定められています。なお・・・

満期保険金-まんきほけんきん

生存保険、生死混合保険において、保険契約の満期時に被保険者が生存している場合に、生命保険会社が満期保険金受取人に支払う保険金のことです。

未経過保険料-みけいかほけんりょう

前納・一括払による保険料の前納分のうち、まだ充当されていない部分の保険料のことです。未経過保険料は所定の利率で運用または割引され、払込回数毎の契約応当日に充当されます。ちなみに「一時払い」の場合は支払った保険料全額が保険・・・

みなし相続財産-みなしそうぞくざいさん

相続税の課税対象となる財産には、現金・土地など本来の相続財産のほかに、相続(または遺贈)により取得した財産ではないが、実質的にこれと同様な経済効果をもつ「死亡保険金」や「死亡退職金」なども含まれます。これを「みなし相続財・・・

無効-むこう

契約締結など法律行為に一定の不備がある結果、当事者の意図した法律の効果が始めから全く生じないことです。当事者の意思表示は必要ありません。無効については、民法の一般原則が適用されるほか、商法上いくつか規定が設けられています・・・

無選択型-むせんたくがた

保険加入時に、身体上の告知も医師による診査もない生命保険のことです。終身保険や医療保険に無選択型があります。 持病や手術・入院歴などがあり、一般の生命保険・医療保険に加入できない方に用意されている保険です。通常の保険より・・・

名義変更(契約者変更)-めいぎへんこう

契約者が被保険者と保険会社の同意を得て、契約者を変更することです。契約者を変更した場合には、保険契約上の権利・義務(受取人を変更する権利、保険料の支払義務など)が、すべて新しい契約者に引き継がれます。

免責-めんせき

保険会社が保険金の支払いを免れる場合のことです。保険会社は、保険事故が発生した場合には、保険契約に基づいて保険金支払いの義務を負いますが、特定の事がらが生じたときは、例外としてその義務を免れることになっています。例えば、・・・

免責期間-めんせききかん

保険会社が保険金や給付金の支払いを免除される期間をいいます。免責4日の入院特約では、入院開始日から4日間は支払いの対象にならない免責期間となります。自殺にも一定期間の免責が設けられています。

免責金額-めんせききんがく

自己負担額のことです。一定金額以下の小さな損害について、契約者または被保険者が自己負担するものとして設定する金額をいいます。免責金額を超える損害については、保険金から免責金額を控除した金額を支払う方式と損害額の全額を支払・・・

面接士-めんせつし

わが国で、1973年(昭和48年)から始まった危険選択のための専門職のことです。面接士は「生命保険面接士」とも呼ばれます。面接士は医師ではありませんが、被保険者に面接して、告知の確認と外観の観察結果を報状に記載し、保険会・・・
お電話でのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ・御見積りはこちらから

このページの先頭へ